「海の循環にまつわる学習」課外授業を行いました。

本日は氷見市内にある灘浦小学校と海峰小学校の生徒たちが、合同課外授業「海の循環にまつわる学習」で来館されました。

ここでは主に富山湾で行われている定置網の歴史や仕組みについて学び、皆、ガイドさんの説明をしっかり聞いていました。

実物を元に作られた和船に乗ったり、

漁具の見学なども行い、ノートにメモも書いていました。

館内見学後は氷見沖クルージングに乗船し、実際に定置網が設置されている現場を見に行きました。

カモメの餌やりも体験でき、皆楽しそうでした。